機関誌「SSKA頸損 113号(’14年8月)2014年8月7日発行」を掲載しました

カテゴリー: お知らせ | コメントする

「脊髄損傷者の排便に関する調査」のリンク

第28回国立障害者リハビリテーションセンター業績発表会 要旨より

15 「脊髄損傷者の排便に関する調査」
-退院時の排便の問題は在宅生活でどう変化したか-
(PDF)

カテゴリー: お知らせ | コメントする

「厚生の指標 2014.2月号」(障害者公的介護サービスの地域差に関する研究)

一般財団法人厚生労働統計協会 発行の「厚生の指標 2014.2月号」に掲載された「障害者公的介護サービスの地域差に関する研究」の表紙と論文の全頁のコピーです。

「障害者公的介護サービスの地域差に関する研究
-頸髄損傷者の公的介護サービス利用状況を対象として-」
(PDF)

一般財団法人 厚生労働統計協会
障害者公的介護サービスの地域差に関する研究-頸髄損傷者の公的介護サービス利用状況を対象として-より

目的 かねてより地方と都市の間には障害者向け公的介護サービスの供給状況に差があることが指摘され,その解消が課題となっている。本研究では,頸髄損傷者の公的介護サービスの利用状況に関する調査データを居住都道府県の財政状況とサービス供給体制の2つの側面から分析する。

方法 2008年度に実施された全国頸髄損傷者実態調査データの一部を用いた。居住都道府県の経常収支比率,財政力指数,居宅介護事業所密度,重度訪問介護事業所密度を説明変数として,公的介護サービス利用有無,家族介護有無を目的変数としたロジスティック回帰分析ならびに公的介護サービス利用時間を目的変数とした重回帰分析を実施した。

結果 分析は日常生活上の介助の必要性があると回答した頸髄損傷者590名を対象とした。経常収支比率が高く,また財政力指数が低い都道府県居住者は公的介護サービスを利用しておらず,公的介護サービス利用時間が少なかった(p<0.05)。経常収支比率が高い都道府県居住者は家族を主たる介護者としやすかった(p<0.05)。一部のモデルでは,財政力指数が低い都道府県居住者は家族を主たる介護者としやすい結果となった(p<0.05)。また,一部のモデルでは居宅介護事業所密度が低い都道府県居住者の公的介護サービスの利用率が低くなり(p<0.05),重度訪問介護事業所密度が低い都道府県居住者の公的介護サービス利用時間が短くなる結果となった。

結論 居住する都道府県の財政状況と公的介護サービスの利用有無や公的介護サービスの利用時間に関係があり,財政状況が硬直的で余裕のない都道府県の居住者は公的介護サービスの利用を抑制する傾向がみられた。公的介護サービス利用に訪問介護事業所密度の影響が予測され,サービス利用が進んでいない地域でのサービス供給体制の整備が必要であると推察された。とりわけ長時間の介護が必要な重度障害者の地域生活を考慮する上で,居宅介護事業所のみでなく重度訪問介護事業所を含めた整備を図る必要があると考えられる。

キーワード 公的介護制度,地域差,頸髄損傷,財政,事業所密度

カテゴリー: お知らせ | コメントする

機関誌「頸損 112号(’14年4月)2014年4月9日発行」を掲載しました

カテゴリー: お知らせ | コメントする

障害者政策委員会(第12回)議事次第 – 内閣府

障害者政策委員会(第12回)議事次第 – 内閣府

障害者政策委員会(第12回)議事次第

カテゴリー: お知らせ | コメントする

頸損 特別号 2014年度全国総会 兵庫大会のご案内(2014年3月21日発行)を掲載しました。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

高齢者・障がい者のための全国一斉電話相談4/15

「高齢者・障がい者のための全国一斉電話相談」
~高齢者・障がい者に関する問題で、悩んでいませんか?~

□実施日時:平成26年4月15日(火) 朝10時~夕方4時ころ

□電 話:0570-041-605(よいろおご)
※IP電話からはつながりませんので、ご注意ください。

□相談は無料です。弁護士が電話相談に直接お応えします。
※電話代はお電話をいただいた方の負担となります。

□皆さまが支援している方がこんな問題を抱えているときはお電話ください。
・遺言の書き方がわからない
・相続のことがよくわからない
・物忘れがひどいので、お金の管理が不安だ
・怪しい会社から高価なものを買わされているようだ
・借金が多すぎて返せそうにない
・年金を家族が使い込んでいる
・本人が亡くなった後のことが心配だ
など、悩んでおられることをなんでもお気軽にご相談ください。

この件について、ご不明な点等ございましたら、
下記の法テラス担当者までご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

□主催:日本弁護士連合会、日本司法支援センター法テラス、各地の弁護士会

電話相談チラシ

カテゴリー: お知らせ | コメントする

4/21・22「三澤了さんの遺志を継ぐ会」開催のご案内

「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会主催「三澤了さんの遺志を継ぐ会」開催のご案内

去る2013年9月30日に急逝されました前DPI日本会議議長の三澤了さんを偲び、
このたび「三澤了さんの遺志を継ぐ会」を
下記のとおり開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

権利条約を批准し新しい時代を創っていくこの時期に、
次世代への運動の引き継ぎに心を砕いていらっしゃいました故人の遺志を振り返り、
学び、実際に行動に取り組む、という会にしたいと考えております。

ご多用中とは存じますが、
是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

■4月21日(月)フォーラム、偲ぶ会

●フォーラム
○日時:2014年4月21日(月)12時30分~16時30分(受付開始12時)
○場所:衆議院第一議員会館 地下1階 大会議室
    (〒100-0014 東京都千代田区永田町2-2-1)
会場ウェブページ 
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm 
○参加費:無料
○プログラム:
【第一部:報告会】
 1.三澤了さんの運動の足跡
 2.特別報告:イ・サンホ氏(ソウル市議会議員・前ヤンチョン自立生活センター所長)

【第二部:シンポジウム】
 「権利条約批准と制度改革第2ラウンドへ」
  シンポジスト:国会議員(各会派)、JDF関係者

●偲ぶ会
○日時:2014年4月21日(月)18時~20時(受付開始17時)
○場所:灘尾ホール(〒100-8980 千代田区霞が関3-3-2)
    会場ウェブページ http://www.shakyo.or.jp/jncsw/sinkasumi.html 
○参加費:5,000円(介助者:3,000円)
※偲ぶ会は立食形式です。
※個人賛同会費をいただいている方は、1名分の参加費が免除となります。

■4月22日(火)条約批准パレード
「障害者権利条約批准 分け隔てのない社会を実現しよう!」

○日時:2014年4月22日(火)10時~14時頃
○参加費:無料
○プログラム:
10時 弁護士会館2階クレオホール
   (〒100-0013 千代田区霞が関1-1-3)
   会場ウェブページ http://www.softic.or.jp/map/map-creo.html 
11時 パレードスタート
   ・日比谷公園~数寄屋橋までパレードをします。
   ・数寄屋橋からはグループに別れ、銀座の店舗を訪問し、
    チラシを配りバリアフリーを呼びかけます。
14時頃 解散

◇お申込方法
 以下から申込書をダウンロードし、Eメール、ファックスにてお送り下さい。
 
 ▽チラシ、申込書はこちら
 (ワード版)
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/tsugukai_problem.doc 
 (PDF版)
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/tsugukai_problem.pdf 

 ▽お申込先
  メール misawa.tsugu@gmail.com  ファックス 03-5282-0017

◇賛同人・賛同団体の募集も引き続き行っております。
  ご協力頂ける個人・団体様は下記ご参照の上、
  ご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。

▽ご賛同のお願い「三澤了さんの遺志を継ぐ会」(DPIブログ)
http://dpi.cocolog-nifty.com/vooo/2014/02/post-cdb6.html 

◇呼びかけ人(あいうえお順、敬称略)
嵐谷安雄、池内文雄、石毛えい子、伊東弘泰、茨木尚子、大熊由紀子、太田修平、
北野誠一、キム・デソン、古賀伸明、近藤秀夫、佐々木信行、高橋儀平、立岩真也、
中西由起子、西村正樹、野村茂樹、樋口恵子、平下耕三、平野みどり、藤井克徳、
松井亮輔、森祐司、八代英太、山形伸次、横路孝弘

◇主催「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会
 共同代表 今西正義、中西正司、山田昭義

◇お問合せ先
「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会
(〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5階  DPI日本会議内)
 電話 03-5282-3730 ファックス 03-5282-0017
 メール misawa.tsugu@gmail.com 

案内&参加申込書

カテゴリー: お知らせ | コメントする

4/21・22「三澤了さんの遺志を継ぐ会」

「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会 主催

加盟団体、常任委員各位

昨年末にお知らせしました、前DPI日本会議議長三澤了さんを偲ぶ会については、
「三澤了さんの遺志を継ぐ会」として、
4月21日、22日の2日間に渡って開催することとなりました。

故人を偲ぶだけで終わるのではなく、
三澤さんの遺志を、次の世代に引き継いでいく会とするための企画としたいと考えております。

開催のご案内と申し込みの開始に先立って、
皆さまに、この「遺志を継ぐ会」の賛同人・団体の募集を行います。

具体的にお願いしたいことは下記の3つです。

1)賛同会費のご協力をお願いします。(1口:10,000円)
  ※ 個人賛同人の方は、偲ぶ会の参加費は免除とさせていただきます。
2)お名前を当日の資料に掲載させていただきます。
3)当日はぜひご出席ください。

なお、賛同会費は「三澤了の遺志を継ぐ会」の開催費用に充てさせていただきます他、

余裕が生じた場合は三澤さんの遺志を継いで、
若手育成等の事業に使わせていただきたいと思っております。

案内文を添付いたします。
賛同呼びかけ、広報等併せてご協力頂けると幸いです。
ぜひ、ご検討いただきますようお願い申し上げます。

「三澤了さんの遺志を継ぐ会」案内文

【問い合わせ先】
賛同のお申込み・お問い合わせは、
こちらのメールアドレスへお願いします。
misawa.tsugu@gmail.com 

「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会 
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-11-8
武蔵野ビル5階 DPI日本会議内
TEL:03-5282-3730 FAX:03-5282-0017

カテゴリー: お知らせ | コメントする

JR名古屋駅からなごや福祉用具プラザへのアクセス 2014

JR名古屋駅からなごや福祉用具プラザへのアクセスです。  続きを読む

カテゴリー: アクセシビリティ | コメントする