■ 頸髄損傷者とは
 頸髄損傷者とは、交通事故、スポーツ事故、労働災害、病気等によって頸髄を損傷し、後遺障害の残った者をいう。
後遺障害として、四肢体幹の機能麻痺、知覚麻痺、呼吸器機能の低下、さらに体温調節機能障害、排泄機能障害等が起こる。


【私たちの活動】
 私たちは頸損者への情報提供、親睦交流、行政交渉などを行い、頸損者の抱える問題を解決するために活動しています。
あなたは頸損者となり、重い障害に悩み苦しみ、人生をあきらめていませんか。あなたの問題は、多くの仲間が過去に体験したものかもしれません。ひとりで悩まず、私たちに相談してみませんか。私たちは同じ障害を持つ者として、きっとお役に立てることがあると確信しています。
 私たちは自らの体験を通して得た、情報や知恵を共有して活動を続け、どこかで苦悩している頸損者の力になりたいと思っています。

【私たちの考え方】
 私たちは、障害が重いからという理由で、自由を制約されることなく、未来に希望が持てる社会でなければならないと考えています。
 障害の有無に関わらず、全ての人が自立して生活することのできる社会であり、障害者に特別な生き方を押し付けたり、障害者だけを特別扱いする社会ではありません。全ての人の権利が保障され、差別や肉体的なハンディキャップを感じさせない社会です。
 それは誰かが作ってくれるものではなく、私たち自らが声を上げ、行動しなければできない社会だと思っています。
 私たちは頸損者の抱える問題を解決すれば、誰もが暮らしやすく、平等に社会参加のできる社会が生まれると確信して活動しています。

【明日に向かって】
 私たちの最大の課題は、頸髄損傷による重い後遺障害に、身も心も打ちのめされている人をなくすことです。そのためには頸損者のネットワークの確立、関連分野との連携活動、医療・福祉支援体制の整備を目指さなければなりません。
 80年代以降、自立して社会参加する頸損者が増えています。その一方で医療技術の進歩により延命した高位頸損者が、適切な医療、福祉サービスを受けることが出来ずに、病院をたらい回しにされるというような問題が、未だ解決されずに残されています。
 生活基盤の確立やバリアフリー社会の実現を目指した活動では、障害の有無、障害の枠を越えて、共通認識を持つ他団体や専門家の方々とも協力して、諸問題の解決を目指しています。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

12/28緊急集会安楽死・尊厳死の問題点と介助者確保について 動画

20181128 UPLAN 【緊急集会】安楽死・尊厳死の問題点と介助者確保について – YouTube

カテゴリー: お知らせ | コメントする

新型リフト付きリムジンバスのお披露目会にDPIバリアフリー部会メンバーが参加されました

新型リフト付きリムジンバスのお披露目会に参加してきました : DPI 日本会議より 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

車椅子エレベーター付きリムジンバス 五輪・パラ備え 東京空港交通

車椅子エレベーター付きリムジンバス 五輪・パラ備え  :日本経済新聞より 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

UDタクシー乗車拒否に対し国交省から通達がでました!

UDタクシー乗車拒否に対し国交省から通達がでました! : DPI 日本会議より 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

11/28(水)尊厳死法制化の問題点を考える院内集会のお知らせ

尊厳死法制化の問題点を考える院内集会

開催趣旨
 一部の報道では、8月末から与党の一部で尊厳死法制化の案を練り直し、早ければ来年の通常国会への法案提出を目指す動きがあるとされています。また、従来の案はリビングウィル(事前指示書)の法制化を目指す内容でしたが、今回はAdvance Care Planning(ACP)を中心に議論されているとも報じられています。
 ACPとは、患者、家族、多職種による継続的な対話を通じた合意形成のことです。さまざまな意見を聞きながら患者が意思決定を行い、しかも患者の意思の変化にも対応できるということで、ACPは肯定的に捉えられることが多いようです。
 たとえば、ALS患者が人工呼吸器を装着するか否かも、以前から意思決定プロセスが重視されてきました。しかし、気管切開と呼吸器装着という患者本人の希望は「不可能」ということで合意が形成されてしまう、みんなで積み上げた合意を患者本人が覆すことが困難である、など、多くの問題が指摘されています。特に介護保障に関する情報が十分に提供されないまま対話が積み上げられていくことは、非常に危険です。
 これまで尊厳死法制化の波は何度か押し寄せ、そのたびに私たちは声を挙げてきました。しかし、検討の内容がリビングウィルからACPへと一歩進んだことで、今回は本当に法案の国会に上程され可決されるのではないかと、大きな危機感を抱いています。
 そこで、今回は、有識者をお招きしてご講演いただくとともに、会場の参加者とも意見を交換しながら、この問題について考えていきたいと思います。

内 容
講演 安藤泰至氏(鳥取大学医学部保健学科准教授)
講演 竹田主子氏(医師、ALS患者)
問題提起 ACPによる治療停止と呼吸器外し
会場からの声

と き 平成30年11月28日(水)11:00~13:30(受付開始10:30)
ところ 憲政記念館1階会議室(東京都千代田区永田町1-1-1)
    http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/kensei.htm
交通案内
東京メトロ 丸ノ内線・千代田線 国会議事堂前駅下車 2番出口から徒歩7分
        有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅下車 2番出口から徒歩5分
都バス 橋63系統「国会議事堂前」下車 徒歩3分 

衆議院事務局憲政記念館
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
TEL 03-3581-1651  FAX 03-3581-7962
なお、一般駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮下さい。

参加費 無料

■お問い合わせ■
特定非営利活動法人日本せきずい基金(担当・池田)
090-4178-4723 / acting_is_fun@hotmail.com

■情報保障■
要約筆記をご用意しています。
それ以外の情報保障については、お問い合わせ先にお申し出ください。

■お申し込み■
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdtlY162hiGIQxy_S5UqVD3WLXUkIAofoRJMPaFwfwyGSCr9Q/viewform にアクセスしてください。
Googleアカウントは必要ありません。
スマートフォンの場合は、
上記のQRコードからGoogleフォームにアクセスしてお申し込みください。
FAXの場合は、
お名前(必須)、所属団体、お電話番号、メールアドレス
配慮事項
□車いす/ストレッチャーを使用
□介助者が同行
□コンセントが必要
□要約筆記の近くの席
□その他(ご記入ください)
質問事項など
を記入のうえ、FAX番号042-850-9142にご送付ください。

主催 公益社団法人全国脊髄損傷者連合会、
   特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会、
   特定非営利活動法人DPI日本会議・尊厳生部会、
   全国自立生活センター協議会、
   全国頸髄損傷者連絡会

尊厳死法制化の問題点を考える院内集会チラシ


講演者プロフィール

安藤 泰至 (あんどう・やすのり)
1961年生まれ
1983年 京都大学文学部哲学科卒業
1985年 京都大学大学院文学研究科(宗教学専攻)修士課程修了
1987年 京都大学大学院文学研究科(宗教学専攻)博士後期課程2年次単位取得
米子工業高等専門学校講師、助教授を経て
1996年 鳥取大学医学部医学科講師(医療システム学講座)
2000年 鳥取大学医学部保健学科助教授(基礎看護学講座)
(2007年に准教授に名称変更、~現在)
2006年 米国ヴァージニア大学実践倫理研究所フェロー、宗教学科客員研究員(~2007年)
2014年 日本学術会議・連携会員(~現在)
専門は生命倫理・死生学・宗教学
著書(編著)に『「いのちの思想」を掘り起こす』(岩波書店)、『シリーズ生命倫理学4 終末期医療』(丸善出版、高橋都との共編)、著書(共著)に『宗教と生命』(角川書店)、『〈いのち〉はいかに語りうるか(学術会議叢書24)』(日本学術協力財団)、訳書に『死と来世の系譜』(時事通信社)、『生命倫理学と障害学の対話』(生活書院、児玉真美との共訳)など。
日本医学哲学・倫理学会奨励賞(2002年)、鳥取大学医学部教育功績賞(2012年)、鳥取大学研究業績表彰(2013年)を受賞。

竹田 主子 (たけだ・きみこ)
1996年 信州大学医学部卒業
内科医師
東京大学医学部附属病院、東京都老人医療センター(現・地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター)、国家公務員共済組合連合会三宿病院、横浜総合病院などに勤務
1999年 アメリカテキサス州ヒューストンBaylor医科大学留学臨床研究員(~2003年)
2012年 ALS発症
2018年 東京メディカルラボ代表(~現在)


カテゴリー: お知らせ | コメントする

「UDタクシーに乗ってみよう!」アンケート結果について 国交省との話し合い

「UDタクシーに乗ってみよう!」アンケート結果について国交省との話し合い : DPI 日本会議より 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

12/1・2(土・日)第7回DPI障害者政策討論集会 開催のお知らせ

第7回DPI障害者政策討論集会 開催のお知らせ : DPI 日本会議より 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

2019/1/17(日)第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラム 「さまざまなバリアをこえて 共に生きる社会をめざして」

第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラム
「さまざまなバリアをこえて 共に生きる社会をめざして」

障害を持つ人や、さまざまな立場の人とともに、話し合いましょう!
バリアをこえて、共に生きることができる社会づくりについて、みんなで考えたいと思います。

日時:2019年1月27日(日) 12:50~16:30(開場12:00)

会場:「故郷の家」雲史ホール
http://www.kokorono.or.jp/kyoto/kyoto_access.html
京都市南区東九条南松ノ木町47
・地下鉄 九条駅 徒歩15分
・市バス 九条河原町 徒歩10分
※駐車場はありませんのでご注意ください。近辺にコインパーキングはあります。

参加費:500円(資料代)
※手話通訳・要約筆記・点字資料の必要な方は 1月17日までに下記までお知らせください。

主催:障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会
http://www.jouyakukyoto-hamon.com/
(事務局:南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101 日本自立生活センター気付
TEL: 075-671-8484 FAX: 075-671-8418 E-mail: jcil@cream.plala.or.jp)
社会福祉法人京都府社会福祉協議会
後援:京都府(申請中)・京都市・京都新聞社会福祉事業団・NHK京都放送局

*プログラム
12:50 開会 あいさつなど
13:00 落語家 桂福点氏の講演
「障害を表現しながら共に生きる」
14:10 木津川ダルク代表 加藤武士氏の実践報告
「ダルクの活動を通して地域社会のつながりについて考える」
14:40 コメンテーター 牧口一二さんからのコメント
「地域社会がつながっていくキーワードを見つけたい」
15:00 休憩と移動
15:15 グループに分かれて話し合い
(それぞれの立場から地域社会のつながりについて語り合う)
16:15 各グループからの報告
16:25 あいさつ
16:30 閉会

*プロフィール

<桂 福点(かつらふくてん)氏>
本名:枡川明。1968年 兵庫県川西市生まれ。上方落語協会会員。先天性緑内障のため中学生の頃に視力を失ったが、子供の頃から音楽に親しみ、1986年大阪芸術大学に入学。音楽療法を研究し、卒業後、バンド「お気楽一座」を結成。1996年 桂福団
治師匠に弟子入りし、古典落語を学びながら独自の音楽漫談や「お気楽一座」の活動にも取り組む。
2009年9月、師匠より「桂福点」の名前をもらい、現在、上記の活動と共に、音楽療法士として診療所、作業所等でユニークな音楽療法もおこなう。また「一般社団法人お気楽島」理事長として、大阪市東淀川区淡路に生活介護施設「お気楽島」を開設、さまざまな理由で社会に出て行きづらい方々の集いの場・創作の場として利用してもらっている。過去に出演した番組―NHK総合テレビ「ぐるっと関西お昼前」「バリアフリーバラエティ」「24時間テレビ2016」など多数。
<加藤 武士氏>
特定非営利活動法人 アジア太平洋地域アディクション研究所(NPO法人アパリ)が運営する木津川ダルク(Drug Addiction Rehabilitation Center)代表。「ダルク」は薬物依存症者の
当事者が当事者を支援する施設で、薬物使用の経験者がスタッフを担っている。自助グループの活動を通じて「孤立化」を防ぎ、回復を手助けしている。
<牧口 一二氏>
1937年大阪市生まれ。1才の頃ポリオにかかり「障害者」の資格を得る。6才の春、母におぶわれて小学校に出向くが、「空襲の時に危険」と入学を断られる。敗戦後、また母におぶわれて学校に行くと「お待たせしました」と3年遅れの1年生。10才(2年生)の夏休み、父が松葉づえを買ってくれた。夢中で立ち上がり、歩くこと・階段の昇り降りを覚える。2学期から1人で通学できるようになる。以後、60才まで松葉づえ人生、歩行歴50年、免許皆伝の腕前に。高校を卒業後、大阪美術学校(大阪芸大の前身)デザイン科を卒業するも全く就職できず(1年半に54社)、社会への扉開かず。2年間の精神的孤立状態。美校を卒業後4年で4人の学友が共同経営のデザイン会社を設立。その会社に転がり込む( やっと26才にて社会
へ)。この体験から仕事の傍ら障害者運動に参加。駅にエレベーターの設置要求などバリアフリーを広げる。学校巡りをして障害者のイメージチェンジを試みる。60才から車いす。


カテゴリー: お知らせ | コメントする

11/25(日) 「頸損女子トーク」 2018年度 大阪頸髄損傷者連絡会企画

続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

65才以上の介護保険サービスの利用料の償還制度について 新高額障害福祉サービス等給付費制度

障大連・古田さんの案内を大阪頸損連絡会ホームページより転載

65才以上の介護保険サービスの利用料の償還制度について

 今年4月(2018年4月1日)から、国の新たな制度として、介護保険の利用を始めた障害者に対して、介護保険の利用料が全額償還される制度(新高額障害福祉サービス等給付費)がスタートしていますが、まだあまり内容が知られておらず、かなりややこしい制度です。

◆新高額障害福祉サービス等給付費の概要
 

 65才になって介護保険の利用を始めた障害者(以下の要件を満たす人)に対して、介護保険の利用料が全額償還されるという制度です。障害者医療費助成(兵庫県の明石市・小野市以外の市町村の訪問看護費用を除く)と同じように、一旦本人が支払っておいて、後で償還される仕組みです。ただし、以下のように対象者や対象サービスにいろんな制限があります。

◇対象者 (以下のすべての要件を満たすことが必要です)

・65才の誕生日の以前5年間に「介護保険に相当する障害福祉サービス」(*)の支給決定を受けていた人。
*「介護保険に相当する障害福祉サービス」とは「介護保険相当障害福祉サービス」といい、居宅介護、重度訪問介護、生活介護、短期入所だけに限られています。

・65才の誕生日の前日の年度に市町村民税非課税、または生活保護受給。
(誕生日の前日が4~6月の人は前年度に、非課税または生保)

・65才の誕生日の前日に区分2以上であること。

・65才に達するまでに介護保険の給付を受けていないこと。

(今年4月1日以前に65才を超えている人も、上記の要件を満たしていれば、今年4月からの介護保険の負担分は償還払いできます)

◇対象とならない人

・例えば、65才以前の5年間に、介護保険相当障害福祉サービス「以外」のサービスとされる就労B型等の日中活動やグループホームだけを受けていた人は対象外とされています。

・また、60才から2年間、就労B型で、62才から生活介護に移り3年間利用していた人は、それら以外に居宅介護や短期入所の支給決定を受けていなければ対象外とされます。

・40~65才で、特定疾病により介護保険サービスを利用したことがある人も対象外!とされています。

◇償還の対象となるサービス

・障害福祉に相当する介護保険サービス(障害福祉相当介護保険サービス)=訪問介護、通所介護、短期入所生活介護、地域密着型通所介護、小規模多機能型居宅介護だけで、介護予防サービスや地域密着型介護予防サービスなどは償還対象ではありません。

◇資料
・概要は添付1 厚労省のチラシを、
 新高額障害福祉サービス給付費(厚労省チラシ)

 詳細は添付2 厚労省の説明文+Q&A(30pもありますが)をご覧下さい。
 新高額障害福祉サービス費説明+Q&A

・詳細版には対象とならない人や、償還ケースのパターン、障害者夫婦の場合のそれぞれの償還額の例などが細かく示されています。

厚生労働省老健局介護保険計画課
「高額障害福祉サービス等給付費等の支給事務の調整について」
http://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2018/011110210179/ksvol.615.pdf(PDF)


カテゴリー: お知らせ | コメントする