頸髄損傷者連絡会の紹介

■ 頸髄損傷者とは
 頸髄損傷者とは、交通事故、スポーツ事故、労働災害、病気等によって頸髄を損傷し、後遺障害の残った者をいう。
後遺障害として、四肢体幹の機能麻痺、知覚麻痺、呼吸器機能の低下、さらに体温調節機能障害、排泄機能障害等が起こる。


【私たちの活動】
 私たちは頸損者への情報提供、親睦交流、行政交渉などを行い、頸損者の抱える問題を解決するために活動しています。
あなたは頸損者となり、重い障害に悩み苦しみ、人生をあきらめていませんか。あなたの問題は、多くの仲間が過去に体験したものかもしれません。ひとりで悩まず、私たちに相談してみませんか。私たちは同じ障害を持つ者として、きっとお役に立てることがあると確信しています。
 私たちは自らの体験を通して得た、情報や知恵を共有して活動を続け、どこかで苦悩している頸損者の力になりたいと思っています。

【私たちの考え方】
 私たちは、障害が重いからという理由で、自由を制約されることなく、未来に希望が持てる社会でなければならないと考えています。
 障害の有無に関わらず、全ての人が自立して生活することのできる社会であり、障害者に特別な生き方を押し付けたり、障害者だけを特別扱いする社会ではありません。全ての人の権利が保障され、差別や肉体的なハンディキャップを感じさせない社会です。
 それは誰かが作ってくれるものではなく、私たち自らが声を上げ、行動しなければできない社会だと思っています。
 私たちは頸損者の抱える問題を解決すれば、誰もが暮らしやすく、平等に社会参加のできる社会が生まれると確信して活動しています。

【明日に向かって】
 私たちの最大の課題は、頸髄損傷による重い後遺障害に、身も心も打ちのめされている人をなくすことです。そのためには頸損者のネットワークの確立、関連分野との連携活動、医療・福祉支援体制の整備を目指さなければなりません。
 80年代以降、自立して社会参加する頸損者が増えています。その一方で医療技術の進歩により延命した高位頸損者が、適切な医療、福祉サービスを受けることが出来ずに、病院をたらい回しにされるというような問題が、未だ解決されずに残されています。
 生活基盤の確立やバリアフリー社会の実現を目指した活動では、障害の有無、障害の枠を越えて、共通認識を持つ他団体や専門家の方々とも協力して、諸問題の解決を目指しています。

カテゴリー: お知らせ | 頸髄損傷者連絡会の紹介 はコメントを受け付けていません

【情報】第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 【 2020年11月20日(金)~22日(日) 神戸国際会議場、神戸国際展示場2号館 】

第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
【 2020年11月20日(金)~22日(日) 神戸国際会議場、神戸国際展示場2号館 】
より

新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、 学術集会会場での発表・聴講と インターネット(ウェブ)を介した聴講が可能な ハイブリッド形式での開催となりました

日程表・主要プログラム

参加登録

通常参加登録期間:
2020年10月15日(木)15:00
~11月22日(日)
続きを読む

カテゴリー: お知らせ | 【情報】第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 【 2020年11月20日(金)~22日(日) 神戸国際会議場、神戸国際展示場2号館 】 はコメントを受け付けていません

DPI日本会議 第3回オンラインミニ講座「障害者の欠格条項」

第3回オンラインミニ講座「障害者の欠格条項」 | DPI 日本会議 より

 

第3回オンラインミニ講座「障害者の欠格条項」

2020年10月29日 オンラインミニ講座欠格条項をなくす

第3回目のオンラインミニ講座です!
今回のテーマは「障害者の欠格条項」です。

みなさんは障害に関する「欠格条項」をご存じですか。
様々な条文に、障害を理由として、免許や資格を与えないことがある・取り消すことがあると書かれているものです。

日常生活の様々な場面でこの障害者に関する欠格条項はたくさん存在し、障害をもつ人の未来を奪い、働く意欲や社会参加する機会を奪っています。この障害者に関する欠格条項は、2020年の3月の調査で急増していることがわかりました。(調査:障害者欠格条項をなくす会)

今回のオンラインミニ講座では、実際に起こった欠格条項の事例、またそれを変えてきた事例なども合わせて、お伝えできればと思います。

講師は障害者欠格条項をなくす会の臼井さん、ナレーターを同会の瀬山さんが務めます。
DPI日本会議も共に、欠格条項に関する取り組みを続けてまいりました。

是非ご覧ください。(手話、字幕あり)

▽今回使用した資料はこちら(PDF)

▽障害者欠格条項をなくす会ホームページ

手話協力:東京都聴覚障害者連盟

ご支援のお願い

お一人でも多くの方に見て頂きたいと思い、オンラインミニ講座は無料で公開をさせて頂いておりますが、動画作成・編集や情報保障費などが必要です。

オンラインミニ講座を無料で継続していくためにも、少しでもこの動画が「勉強になった、良かった」と思って頂けた方は、下記からDPIへご支援を頂けると嬉しいです。

クレジットカードもご利用いただけます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

私たちの活動へご支援をお願いします

賛助会員募集中です!

動画の目次

00:00 はじめに
00:41 欠格条項とは
01:46 実際に起きた事例①:無違反なのに運転免許を取り上げられた
03:36 実際に起きた事例②:選挙の投票に行けなくなった
04:01 実際に起きた事例③:突然、仕事をクビになった
05:30 急増する欠格条項
07:23 欠格条項を変えてきた事例
07:34 変えてきた事例①:公営住宅への入居
08:22 変えてきた事例②:薬剤師、医師、看護師等の免許
09:34 変えてきた事例③:採用試験の受験資格
10:00 欠格条項 150年史~障害者を対象とする欠格条項が作られ始めた~
11:54 欠格条項はなぜ続いている?
13:39 国際法と国内法、変えていくには?
15:37 個人・団体の賛同を募集しています
16:23 誰でも共に生きられる社会へ
17:10 ご支援のお願い

以上

カテゴリー: お知らせ | DPI日本会議 第3回オンラインミニ講座「障害者の欠格条項」 はコメントを受け付けていません

10/31(土) 第11回 4都県合同交流会2020 福島・栃木・神奈川・東京


第11回 4都県合同交流会 福島・栃木・神奈川・東京

 今年で11回目を迎えました「4都県合同交流会」です。
 今回は初の試みで「オンライン交流会」として開催します。
 日頃からなかなか顔を合わすことができない仲間と楽しくおしゃべりしませんか?
「みんながどんな生活をしているのか知りたい」
「私の悩みを聞いてよ」
という方、ぜひご参加ください。

日時:10月31日(土)13:00~16:00

方法:オンライン(Web会議ツール「Zoom」を使用)

参加費:無料
※参加希望の方は事務局メールで申し込んでください。
前日にZoomのURLを送ります。

問合せ
全国頸髄損傷者連絡会事務局(担当:鴨治慎吾)
〒669-1546
兵庫県三田市弥生が丘1丁目1番地の1フローラ88 305B
特定非営利活動法人ぽしぶる内
TEL:079-555-6022
Email: jaqoffice7@gmail.com

4都県合同交流会2020 チラシ


カテゴリー: お知らせ | 10/31(土) 第11回 4都県合同交流会2020 福島・栃木・神奈川・東京 はコメントを受け付けていません

【情報】12/21(水)〜福祉機器Web2020

福祉機器Web2020の開催

2020年4月に開催中止となりました、第47回国際福祉機器展(H.C.R.2020)の代替オンラインイベント「福祉機器Web 2020」が開催されます。
どなたも無料で閲覧できますので、ぜひご覧ください。

福祉機器Web 2020
https://www.hcr.or.jp/web2020

会期 2020年10月21日(水)~2020年末(予定)

※出展社・製品情報は会期後も閲覧可能

公開場所 H.C.R.Webサイト(保健福祉広報協会運営) https://www.hcr.or.jp/
主催 全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会
後援 厚生労働省、経済産業省、総務省、国土交通省、東京都
イベント構成 1. 300社超の企業・団体の、最新の福祉機器情報や関連情報
2. 有識者などからの福祉機器や、福祉・介護に関わる最新レポート
3. H.C.R.併催イベント「国際シンポジウム」「H.C.R.セミナー」「特別企画」を代替するWebセミナー(ウェビナー)
出展社 H.C.R. 2016~2020の出展社のうち、協力を得られた企業・団体 345社(「出展社一覧」はこちら
展示対象 移動機器・移動補助製品、福祉車両・関連機器、ベッド用品、入浴用品、トイレ・おむつ用品、衣類・着脱衣補助用品、コミュニケーション・見守り機器、建築・住宅設備、リハビリ・介護予防機器、義肢・装具、日常生活支援用品、介護等食品・ 調理器具、福祉施設環境設備・用品、感染症等予防用品、在宅・施設サービス経営情報システム、出版・福祉機器情報(予定を含む)
閲覧方法 どなたでも閲覧・参加可能(無料)

※H.C.R.アプリの使用による閲覧・検索も可能

H.C.R.アプリ
https://www.hcr.or.jp/app


カテゴリー: お知らせ | 【情報】12/21(水)〜福祉機器Web2020 はコメントを受け付けていません

DPI日本会議 第2回オンラインミニ講座「新幹線のバリアフリー対策」

第2回オンラインミニ講座「新幹線のバリアフリー対策」 | DPI 日本会議 より

第2回オンラインミニ講座「新幹線のバリアフリー対策」

2020年10月09日 バリアフリーオンラインミニ講座

オンラインミニ講座、第2回目は「新幹線のバリアフリー対策」です!
講師はDPI事務局長の佐藤聡です、是非ご覧ください。

▽使用した投影資料データはこちら(PDF1.83MB)

■動画の目次
00:00  はじめに
01:05  新幹線の問題点
01:50  諸外国の高速鉄道
02:53  検討の経過
08:17  6席レイアウトの理由
12:23  最終とりまとめ
15:12  最後に
18:30  ご支援のお願い

(手話協力:東京都聴覚障害者連盟)

カテゴリー: お知らせ | DPI日本会議 第2回オンラインミニ講座「新幹線のバリアフリー対策」 はコメントを受け付けていません

「SSKA頸損 131号 2020年6月17日発行」を掲載しました

SSKA頸損 131号 2020年6月17日発行

カテゴリー: お知らせ | 「SSKA頸損 131号 2020年6月17日発行」を掲載しました はコメントを受け付けていません

「SSKA頸損 130号 2020年2月25日発行」を掲載しました

SSKA頸損 130号 2020年2月25日発行

カテゴリー: お知らせ | 「SSKA頸損 130号 2020年2月25日発行」を掲載しました はコメントを受け付けていません

頸損解体新書2020 表紙・裏表紙用写真コンテスト

2020年6月17日発行SSKA頸損増刊通巻第10271号付録

頸損解体新書2020
表紙・裏表紙用写真コンテスト

応募受付2020年9月1日(火)~10月31日(土)

 2020年4月5日まで「頸髄損傷者の自立生活と社会参加に関する実態調査2020」として、頸髄損傷者の自立生活と社会参加の現状とその障壁を明らかにし、自立生活と社会参加を促進する上で必要な社会的支援のあり方を検討することを目的に会員のみなさんへアンケートを実施しました。その結果を「頸損解体新書2020」として発刊を目指しています。
 そこで、頸損解体新書2020の表紙・裏表紙作成にあたり写真コンテストを開催します。頸髄損傷者の身近な生活シーンや、心に残った旅行シーンなど、見る人が元気になり、頸髄損傷者の生活をイメージできるような写真を募集します。

募集要項
作品内容:2010年から現在までの頸髄損傷者の生活を連想させる写真

応募資格:全国頸髄損傷者連絡会会員

応募規定:注意事項:

  • デジタルデータで無加工のものの応募に限ります。
    (JPEG形式で10MB以下、約300万画素以上のサイズ推奨)
  • 応募は一人3点までとし、自作未発表のものに限ります。
  • 必ず被写体本人の承諾を得てください。
  • 応募時に記載の個人情報につきましては当コンテスト以外には使用いたしません。応募方法:
  • メールでの応募は、必ず「名前(フリガナ)・所属支部名・連絡先メールアドレス」の内容を本文に打ち込みデータを添付してご応募ください。

応募受付:2020年9月1日(火)~10月31日(土)

応募先メールアドレス:jaqoffice7@gmail.com 全国頸髄損傷者連絡会事務局アドレス

結果発表:2021年1月上旬にメールにて通知いたします。

  • 60作品程度を頸損解体新書2020の表紙・裏表紙デザインに採用いたします。
  • 入賞作品のフィルムの版権、所有権、使用権等は、主催者に帰属します。

主催:頸損解体新書2020実行委員会

頸損解体新書2020 表紙・裏表紙用写真コンテスト チラシ

カテゴリー: お知らせ | 頸損解体新書2020 表紙・裏表紙用写真コンテスト はコメントを受け付けていません

実態調査アンケートの中間報告会を開催します

頸損解体新書 中間報告会

  • 日時 2020 年9月19日(土)13:00 ~
  • 会場 WEB セミナー(WEB 会議システムZoom)
    ※定員100 名に達した時点で締め切ります
  • 参加費 無料

申し込みフォームはこちらのページ

カテゴリー: お知らせ | 実態調査アンケートの中間報告会を開催します はコメントを受け付けていません

注意勧告:車椅子・支援機器ユーザーのみなさまへ新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の予防

「注意勧告:車椅子・支援機器ユーザーのみなさまへ
COVID-19の予防(日本語版)」を、日本リハビリテーション工学協会が協会HPに公開いたしました。

https://www.resja.or.jp/data/precautions.pdf

出典元(Benefical Design社)より

カテゴリー: お知らせ | 注意勧告:車椅子・支援機器ユーザーのみなさまへ新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の予防 はコメントを受け付けていません