■ 頸髄損傷者とは
 頸髄損傷者とは、交通事故、スポーツ事故、労働災害、病気等によって頸髄を損傷し、後遺障害の残った者をいう。
後遺障害として、四肢体幹の機能麻痺、知覚麻痺、呼吸器機能の低下、さらに体温調節機能障害、排泄機能障害等が起こる。


【私たちの活動】
 私たちは頸損者への情報提供、親睦交流、行政交渉などを行い、頸損者の抱える問題を解決するために活動しています。
あなたは頸損者となり、重い障害に悩み苦しみ、人生をあきらめていませんか。あなたの問題は、多くの仲間が過去に体験したものかもしれません。ひとりで悩まず、私たちに相談してみませんか。私たちは同じ障害を持つ者として、きっとお役に立てることがあると確信しています。
 私たちは自らの体験を通して得た、情報や知恵を共有して活動を続け、どこかで苦悩している頸損者の力になりたいと思っています。

【私たちの考え方】
 私たちは、障害が重いからという理由で、自由を制約されることなく、未来に希望が持てる社会でなければならないと考えています。
 障害の有無に関わらず、全ての人が自立して生活することのできる社会であり、障害者に特別な生き方を押し付けたり、障害者だけを特別扱いする社会ではありません。全ての人の権利が保障され、差別や肉体的なハンディキャップを感じさせない社会です。
 それは誰かが作ってくれるものではなく、私たち自らが声を上げ、行動しなければできない社会だと思っています。
 私たちは頸損者の抱える問題を解決すれば、誰もが暮らしやすく、平等に社会参加のできる社会が生まれると確信して活動しています。

【明日に向かって】
 私たちの最大の課題は、頸髄損傷による重い後遺障害に、身も心も打ちのめされている人をなくすことです。そのためには頸損者のネットワークの確立、関連分野との連携活動、医療・福祉支援体制の整備を目指さなければなりません。
 80年代以降、自立して社会参加する頸損者が増えています。その一方で医療技術の進歩により延命した高位頸損者が、適切な医療、福祉サービスを受けることが出来ずに、病院をたらい回しにされるというような問題が、未だ解決されずに残されています。
 生活基盤の確立やバリアフリー社会の実現を目指した活動では、障害の有無、障害の枠を越えて、共通認識を持つ他団体や専門家の方々とも協力して、諸問題の解決を目指しています。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

リチウムイオンバッテリーの支給について 厚労省のホームページに簡易電動車いすが対象に

京都支部の村田です。

3月の代表者会議でもお知らせしていましたが、
長年、京都市と交渉し、昨年は厚労省に陳情に行きました リチウムイオンバッテリーの支給について
厚労省のホームページに以下のように明記されました。

簡易電動車いすが対象になります。
自治体ごとの対応は確認いただかなくてはいけませんが、
各支部会員のみなさまへお知らせお願いいたします。

「補装具費支給事務取扱要領」の制定について(障企自発0323第1号 平成30年3月23日)PDF

厚労省のHPトップ → 福祉・介護(中段上、ピンク) → 障害者福祉(上段すぐ) → 福祉用具(下方施策情報の右列上から6番目) → 1補装具費支給制度 上から8番目 イ補装具費支給事務取扱要領

 この中の52ページ(PDFの53ページ)の冒頭に
第5 車椅子及び電動車椅子に関する取扱い


1 バッテリーの取扱い
  電動車椅子のバッテリーについては、日常生活圏における坂道及び悪路の状況等、
 使用者の使用環境等を十分把握し、適切なバッテリーを選定すること。なお、リチ
 ウムイオンバッテリーは簡易型電動車椅子に限り支給可能であること。


と記載されていますので、支給対象になったということです。

このリチウムイオンバッテリーの厚労省への陳情に際して
全国脊髄損傷者団体連合会の大濱さんにご尽力いただいたことに
心より感謝申しあげます。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

SSKA 頸損 春特別号 2018年1月30日発行 2018年全国総会「大阪大会」開催のご案内

SSKA 頸損 春特別号 2018年1月30日発行 2018年全国総会「大阪大会」開催のご案内


SSKA 頸損春特別号

2018年度 全国総会 大阪大会のご案内

~人生を回復するための頸損連の社会的な役割~

全国頸髄損傷者連絡会会員各位

大阪頸髄損傷者連絡会
会長 赤尾広明

謹啓
 向春の候、皆様におかれましては日々ご活躍のこととお喜び申し上げます。

 さて、来る5月に大阪府大阪市において全国総会・大阪大会を開催いたします。前回は2008年におこない、10年ぶりの開催となります。この10年で皆さんの生活は何か変わりましたでしょうか?世の中的にはこの10年でいろんな出来事がありましたが、その一つにリハビリ目的の入院日数が制限され、自分の生活ビジョンを描けないままに退院を迫られる頸髄損傷者が増えたことが挙げられます。私たち大阪頸損連では長年にわたって病院等を訪問し、入院中の頸損者に声をかけて元気づけるセルフヘルプ活動を続けていますが、「この先どう生きていけばいいかわからない」という深刻な悩みや不安を抱えた頸損者は確実に増加していると実感しています。
 そこで、今回の全国総会では「人生を回復するための頸損連の社会的な役割」をテーマとして掲げ、頸損者がどのようなきっかけで自分の障害を受け入れ、どのようなサポートがあって人生をリカバリーし、また、その過程で頸損連はどのような関わりを持つことができたのか?あらためて考える機会とするべく、「頸損者が人生を回復してきた道のり」の実例を交えた講演およびパネルディスカッションを企画しました。
 この機会に是非大阪でみんなと語り合いませんか?

敬白

2018年5月5日(土)/6日(日)
於大阪府大阪市

全国頸髄損傷者連絡会


2018年 全国総会「大阪大会」開催のご案内

~人生を回復するための頸損連の社会的な役割~

■日程:2018年5月5日(土)~6日(日)

■会場:総会・交流会『ホテルアウイーナ大阪 葛城 及び 金剛』
  〒534-0031 大阪市天王寺区石ヶ辻町19-12 Tel 06-6772-1441(代表)

■宿泊:『ホテルアウイーナ大阪』
  〒534-0031 大阪市天王寺区石ヶ辻町19-12 Tel 06-6772-1441(代表)
  http://www.awina-osaka.com/

■全国総会・大阪大会プログラム:
●5月5日(土曜日)
<シンポジウム>
  13:30 シンポジウム&受付
  14:00 開会挨拶
  14:05 基調講演
  15:45 パネルディスカッション
  16:45 閉会の挨拶
  16:55 事務連絡
  17:00 終了

※シンポジウム開催中は会場内にて企業機器展示を同時開催

<交流レセプション>
  17:30 交流レセプション&宿泊&総会参加受付
  18:00 交流会開始、挨拶
10年ぶりに復活か?!
なにわのK-1「頸損NO1」グランプリ!!
  20:00 閉会挨拶、事務連絡
      交流会終了

●5月6日(日曜日)
<総会>
  09:30 受付開始
  10:00 全国総会開始
  12:30 総会終了

<オプション企画>
  13:30 集合・出発
  17:00 終了
~~~~~
<詳細>X・Yは当日1組400円負担有
Xコース:真田幸村ゆかりの地巡り・10組
天王寺→慶沢園→河底池→茶臼山→一心寺→逢坂→安居神社→天神坂→堀越神社→竹本義太夫生誕地→天王寺(解散予定)

Yコース:なんば文学碑・史跡巡り・10組
所々に建つ石碑から芝居町であった当時を感じ、法善寺横丁では今でも寄席のざわめきが聞こえてきそう。人形芝居常設小屋として唯一国立の文楽劇場も必見です。
(難波解散予定)

Zコース:女性だけで楽しく話しましょう
女性頸損者特有の話を「女子会」の雰囲気で交流・情報交換してみませんか。
(ホテル内会場)

※コースの指定をお願いします


■参加費:
●【Aコース】シンポジウム(5日)のみ
      ¥1,000/付添(無料)※・・・当日徴収
●【Bコース】シンポジウム+レセプション(5日)
      *資料代+交流会費 ¥7,000/付添¥6,000※振込
●【Cコース】全国総会(6日)のみ
      ¥1,000/付添(無料)※・・・当日徴収
●【Dコース】シンポジウム+全国総会(5・6日)
      ¥2,000/付添(無料)※・・・当日徴収
●【Eコース】シンポジウム+レセプション+全国総会(5・6日)
      *資料代+交流会費 ¥8,000/付添¥6,000※振込
●【Fコース】シンポジウム+レセプション+全国総会+宿泊(5〜6日)
      *資料費+交流会費+宿泊費 ¥16,000/付添¥14,000※振込
      (※ 但し、付添でも資料希望者は資料代を徴収いたします)

■会場までのアクセス:
【公共交通機関でお越しの方】
○新幹線利用
 「新大阪駅」で下車、大阪市営地下鉄御堂筋線に乗り換え「なんば駅」で下車、
 大阪市営地下鉄千日前線に乗り換え「谷町九丁目駅」で下車(約30分)、徒歩8分(※)
○JR利用
・「JR大阪駅」で下車、大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」で乗り換え「谷町九丁目駅」
 で下車(約30分)、徒歩8分(※)
・「JR天王寺駅」で下車、大阪市営地下鉄谷町線に乗り換え「谷町九丁目駅」で下車
 (約10分)、徒歩8分(※)
○近鉄奈良線・近鉄大阪線・名鉄名古屋線・阪神本線(近鉄奈良行)利用
 「上本町駅」で下車、徒歩3分(※)
○飛行機利用
・関西国際空港からJR関西空港線「天王寺駅」で下車、大阪市営地下鉄谷町線に
 乗り換え「谷町九丁目駅」で下車(約70分)、徒歩8分(※)
・大阪空港(伊丹)から大阪モノレール「千里中央駅」で下車、北大阪急行線に乗り換え
 (直行)「なんば駅」で下車、大阪市営地下鉄千日前線に乗り換え「谷町九丁目駅」
 で下車(約70分)、徒歩8分(※)
※5月5日は各所にボランティア・スタッフを配置しております。気軽にお声かけください。

【車でお越しの方】
○ホテル駐車場(1泊1,000円)は140台先着順です。その他有料駐車場しかありません。
 事務局にお問い合わせください。(車いす用は2台)(高さ2.1m、幅2.5m、長さ5m以内)

・阪神高速1号環状線→道頓堀出口→千日前通を東へ→上本町6丁目交差点右折→
 上本町7丁目交差点左折
・阪神高速13号東大阪線→法円坂出口→法円坂交差点を南へ約2Km直進→
 上本町7丁目交差点左折後直進


【お申し込み】
・同封の申し込みハガキの項目全てにご記入の上、4月3日(火)必着にてお申し込み下さい。
・欠席の方は同ハガキの「委任状」にご記入の上、同期日までに投函して下さい。
・参加費のお支払も、4月3日(火)までに振り込んでいただき、参加申込みとなります。

振込先:郵便口座00940-5-237089口座振込名義:島本義信
他金融機関からの振込
【店番】099【預金種目】普通預金【口座番号】0237089

【その他】

  • 介助等に関する特別な希望や、前泊・後泊の希望は必ず申し込みハガキの通信欄にご記入の上ご連絡をお願いします。(前泊・後泊の希望には添えない場合があります。)
  • 当日の会場内での移動等の介助は、当会のボランティア・スタッフでも対応いたします。
  • ベッド、車椅子への移乗もボランティア・スタッフがお手伝いします。(要・通信欄に記入)
  • 宿泊を含むコースに朝食は含まれていません。朝食は各自でお取り下さい。
  • 前泊・後泊にはボランティア・スタッフが居ませんので各自で対応をお願いします。
  • 宿泊は基本的にツインで、2名1室での利用になります。諸事情によりそれ以外をご希望の方は、事務局まで直接お問い合わせ下さい。
  • 4月20日以降のキャンセルにつきましては、いかなる理由があっても、宿泊料、交流会費は 返金できなくなります。ご了承ください。

【当日の連絡先】
ページトップの機関誌を参照してください。

【お問い合わせ先】
・大阪頸髄損傷者連絡会 全国総会大阪大会実行委員会 運営事務局
ページトップの機関誌を参照してください。
     E-mail:info-osakataikai@okeison.com

カテゴリー: お知らせ | コメントする

【連絡先一覧】を更新しました

カテゴリー: お知らせ | コメントする

3/3(土)第7回合同シンポジウムinあつぎ 開催のお知らせ


(第33回リハ工学カンファレンスinあつぎプレカンファレンス)
全国頸髄損傷者連絡会・日本リハビリテーション工学協会・ケアリフォームシステム研究会

第7回合同シンポジウム 開催!
『重度身体障害者の過去・現在・未来』

 近年、ロボット技術の応用により高度な福祉用具が開発されつつあります。また、2004年に東京頸髄損傷者連絡会が発表した「未来予想2025年の福祉機器生活」から、10年以上の歳月が経過しました。本シンポジウムでは過去の未来予測を振り返り、「何が実現し、どこに課題が残っているか」を検証しつつ、未来の福祉用具に対し何を求め、福祉用具開発にどの様に関わっていけばよいか、様々な立場から検討します。
 これらの議論を基に、8月に行われる第33回リハ工学カンファレンスにつなげていきたいと思います。

▶日時:2018年3月3日(土)13:00~16:00

▶場所:厚木市文化会館(神奈川県厚木市、小田急線本厚木駅徒歩13分)

アクセス | 厚木市文化会館

所在地
〒243-0032 神奈川県厚木市恩名1-9-20
TEL046-225-2588 FAX046-223-1439

▶プログラム(予定)

13:00〜 受付
13:30〜13:40 開会式
13:40〜14:00
(20分)
「『未来予想~2025年の福祉機器生活~』と現実となった未来」
麸澤 孝(全国頸髄損傷者連絡会・日本リハビリテーション工学協会)
14:00〜14:20
(20分)
「スマートホームの現状と近未来」(仮)
松沢 充氏(パナソニックエイジフリー(株)マーケティング本部統括部長)
14:20〜14:40
(20分)
ロボットと暮らす社会の実現に向けて
池田幸一 氏(トヨタ自動車㈱T-フロンティア部グローバル企画室)
14:40〜14:55
(15分)
休憩
14:55〜15:40
(45分)
パネルディスカッション
(テーマ調製中)
15:40〜15:50 閉会式


プログラムは変更になる場合があります。

▶主催:全国頸髄損傷者連絡会/
    (一社)日本リハビリテーション工学協会関東・甲信越支部/
    ケアリフォームシステム研究会

▶共催:厚木市/かながわリハビリロボットクリニック(KRRC)/
    神奈川リハビリテーション病院

▶参加費:無料(事前申込制)

▶お問い合わせ先

神奈川県総合リハビリテーションセンター研究部内
第33回リハ工学カンファレンス事務局(担当:村田)
conf-33@resja.or.jp
東京頸髄損傷者連絡会(担当:麸澤)
tokyokeison2012@gmail.com

合同シンポチラシ

・詳細は改めてお知らせいたします。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

『SSKA頸損 123号(’17年11月号) 2017年11月30日発行』を掲載しました

カテゴリー: お知らせ | コメントする

『SSKA頸損 122号(’17年8月号) 2017年8月12日発行』を掲載しました

カテゴリー: お知らせ | コメントする

6/24(土)日本リハビリテーション工学協会 関東・甲信越支部設立イベント「みんなで一緒に考えるリハ工学デザイン頸髄損傷編」

一般社団法人 日本リハビリテーション工学協会(Resja)より

日本リハビリテーション工学協会 関東・甲信越支部設立イベント

みんなで一緒に考えるリハ工学デザイン頸髄損傷編

「車椅子利用者がどうすれば自分で意思決定をし、人生を楽しく過ごせるのか」
買い物や旅行、マラソンやスキーなど楽しむための情報を得ることができれば、活動の範囲は広がり、新たな楽しみが生まれます。そのきっかけとなり、本人の思いを支えるリハ工学とは何かを話題提供とパネルディスカッションを通じて一緒に考えてみましょう!

日程:2017.6.24 sat
受付開始:午後1時30分/当日受付有
開演時間:午後2時~午後4時45分
参加費:無料
申込方法:6/10までに、氏名・所属・職種・連絡先(電話 or メール)・車椅子使用有無・介助者の有無などをお書きの上、メールまたはFAXでお申し込みください。

横浜市スポーツ医科学センター
3F 中研修室
神奈川県横浜市港北区小机町3302-5
(日産スタジアム内)

アクセス
◎ JR横浜線・東海道新幹線「新横浜駅」
  北口下車徒歩15分
◎ 横浜市営地下鉄「新横浜駅」下車
  8番出口徒歩15分
◎ JR横浜線「小机駅」下車徒歩15分

お申込・問合せ
日本リハビリテーション工学協会
関東・甲信越支部
E-mail: kkse@resja.or.jp(@マークを半角にしてください)
FAX : 046-249-2598

主催:一般社団法人日本リハビリテーション工学協会 関東・甲信越支部
協力:NPO法人ケアリフォームシステム研究会 関東支部、全国頸髄損傷者連絡会
   一般社団法人日本福祉のまちづくり学会 関東・甲信越支部

日時:2017年6月24日(土)13:30-
場所:横浜市スポーツ医科学センター

日本リハビリテーション工学協会関東・甲信越支部設立イベント「みんなで一緒に考えるリハ工学デザイン」チラシ・申込用紙(PDF)

カテゴリー: お知らせ | コメントする

6/20まで【全国頸髄損傷者連絡会】排便コントロールに関するインターネット調査ご協力のお願い

アンケートは終了しました。協力いただいた皆様ありがとうございました。

続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする

『SSKA頸損 121号(’17年4月号) 2017年4月22日発行』を掲載しました

カテゴリー: お知らせ | コメントする

5/27・28 2017年度 全国頸損連絡会 全国総会 四国大会のご案内

続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントする