12/1・2(土・日)第7回DPI障害者政策討論集会 開催のお知らせ

第7回DPI障害者政策討論集会 開催のお知らせ : DPI 日本会議より

第7回DPI障害者政策討論集会 開催のお知らせ

2018年10月22日

障害者権利条約の完全実施を!~2020国連審査をバネに~

2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと、官民挙げての取組みが展開されています。
特に、パラリンピックは、単なる障害のある人たちの競技大会という位置づけではなく、開催に向けて、ハード面・ソフト面で、真のユニバーサル社会を実現していくことが課題とされています。世界が注目し、多くの障害のある人や関係者が日本を訪れます。ところが今の日本はどうでしょう。優生保護法により人権が踏みにじられてきた人が、未だに責任を認めない国を相手取って各地で訴訟を起こしており、大きな課題が積み残されている現実があります。更には、民間の範になるどころか、官公庁による障害者雇用水増しが長年に亘り繰り返されてきたことが発覚し、その差別的雇用の実態により、日本はインクルーシブどころかまだまだエクスクルーシブ(排除)社会であることが、白日の下に晒されました。障害のある仲間たちは、怒りを超えて、落胆と悲しみをさえ感じています。

2020年はまた、私たちにとって、運動が試される大きなタイミングでもあります。2014年に批准した障害者権利条約について、日本が建設的対話(審査)を受けることになります。上記の現状も背景にある日本が、厳しい審査を受けることは容易に想像できますが、その審査により、今後の日本の施策に大きな影響が及ぶような勧告を引き出すためには、日本の障害者団体が英知を結集して作成するパラレルレポートが重要です。

今年の障害者政策討論集会の全体会では、JDF特別委員会を中心に進められているパラレルレポート作成経過の報告を受けます。障害者権利条約が求める水準と日本の現状についての乖離をどう埋めていけるか、議論を深めていきます。また、二日目の分科会では、1)地域生活、2)所得保障、3)障害女性、4)権利擁護、5)教育、6)国際協力が企画されています。まさにパラレルレポート作成にも影響が大きく、今注目されているテーマがばかりです。

最後に、政策討論集会の準備をしている最中、悲しいニュースが飛び込んできました。障害者運動初期の世界的リーダーのひとりで、運動家でもあり国会議員も経験したフィンランドのカッレ・キョンキョラ氏の急逝です。2002年のDPI世界大会in札幌にも参加されましたので、覚えている方も多いのではないでしょうか。「Nothing about us without us(私たち抜きに私たちのことを決めないで)」を実践され、インクルーシブなフィンランドの社会づくりに貢献され、世界に大きな影響を与えてこられたキョンキョラさんを、政策討論集会でも追悼したいと思います。

今回の政策討論集会は、例年以上に意味深く、我々が試されている集会でもあると考えます。どうぞ、真のインクルーシブ社会を実現したいという志をともにする多くの障害当事者、支援者、研究者、その他の皆さんの、本集会へのご参加を心から期待し、お願いいたします。

お申込みはこちら

関連記事:

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です